カラードレスとウェディングドレスの組み合わせが人気

カラードレスの選び方から気をつけたいポイント、さらに和装を美しく着こなすコツの基礎知識。

ホーム > 初心者さんも安心♪ ウェディングドレスの上手な選び方 > 失敗しないカラードレスの選び方

失敗しないカラードレスの選び方

披露宴の華!カラードレスでおしゃれを楽しむ♪

カラードレス選びもとっても楽しいイベント。鮮やかな衣装は花嫁の最高の幸せを華やかに演出します。でもバリエーションが豊富すぎて、ウェディングドレス以上に悩んでしまう人も多いんですよね。似合う色やデザインの選び方から、選ぶ際に気をつけたいポイント、和装を美しく着こなすコツについてもチェックしましょう。

総合ランキング結果を詳しく見る!

みんな、何着衣装を用意するもの?

「一生に一度の結婚式だからこそ、とことんおしゃれを楽しみたい!」という思いは花嫁さん共通の願いでしょう。実際に、ウエディング雑誌『ゼクシィ』の調査によると、花嫁の約8割以上が「2着以上のドレスを着る」と回答。そのうち最も多いのが「白いウェディングドレス+カラードレス」という組み合わせです。

清楚な純白のウェディングドレスで大切なセレモニーを厳かな気持ちで過ごした後、お色直しで華やかなカラードレスに着替えて、披露宴をゲストと共に楽しむ…というのがポピュラーなスタイルといえそうです。

最近の結婚式では、カラードレス以外に色打ち掛けなどの和装も人気。ウェディングドレス+カラードレス+色打ち掛けの3着を楽しむ花嫁も少なくありません。トレンド的には「結婚式に2着以上のドレスを着る」というスタイルが定着しているようですが、中にはウェディングドレスの着こなしをアレンジして、雰囲気をガラリと変える花嫁も。

たとえばボレロと取り外し可能なスカートがついた3wayタイプのウェディングドレスをチョイスした場合。挙式ではシンプルなベアトップにロングドレスの正統派な着こなしで出席し、披露宴では髪型を変え、ボレロをはおってロマンティックに。その後の2次会でスカートを取り外してカジュアルなミニに変身したりと、アレンジで違った雰囲気を楽しむのもいいかも。

最近ではボレロやケープ、アメリカンスリーブなどがついた2way・3wayドレス、トレーンやリボンなどの飾りが取外しできるドレスもたくさんありますので、何着ドレスを着たいのか、予算や好みに応じてドレスを選びましょう。

似合う!と言われるカラードレスの選び方

ドレスのタイプに加えて、カラーバリエーションやデザインが豊富なカラードレス選びは、ウェディングドレス以上に難しいと感じるかもしれません。着たいデザインやカラーのドレスを選んだものの、パープルや深紅が妙に老けて見えたり、その逆でリボンやチェックなどのデザインが若すぎて痛々しく思われたり、カラードレスのインパクトに新郎が完全に存在をなくしてしまった…という失敗談もちらほら。

カラードレスを上手に選ぶコツは、まず会場の雰囲気を考えること。たとえば自然光があふれる明るい会場やガーデンパーティなどでは、パステルカラーなどの淡くて優しい色合いのドレスが映えます。ホテルのバンケットルームやモダンな雰囲気の会場では、ビビッドな赤やネイビーなど、大人っぽい色合いが似合います。

また、ウェディングドレスとのギャップを考えて選ぶのも、ひとつの方法。たとえばウェディングドレスがクラシカルなAラインなら、カラードレスはスレンダーラインやマーメイドラインでスタイリッシュに見せるなど、違った雰囲気を楽しんで。あまりギャップが激しすぎるとちぐはぐな印象を与えるので、なりたい花嫁のトータルイメージはしっかり抑えつつドレスを選ぶのがポイントです。

なお、選んだ色ひとつで表情が明るく見えたり、逆に顔色が悪く見えたりしますので、顔の近くに来る色は注意が必要。ドレスショップや式場のスタッフにはカラーコーディネーターがいるケースもあるので、プロの意見を聞きながらチョイスするといいでしょう。

和装スタイルはここに気をつけて!

白無垢など婚礼衣装が白いのは「どんな色にも染まります」という無垢な気持ちを表したもの。対して挙式後の披露宴では、「婚家の色に染まる」という意味で華やかな色打ち掛けに着替えるのが、古くからの日本の風習です。婚礼衣装がウェディングドレスに変わった今でも、披露宴は趣向を変えて和装で、という人は少なくありません。

和装は主に、赤や金、グリーンなど白以外の糸を使った豪華絢爛な「色打ち掛け」や、すそを引いた長振袖が特徴の「引振袖」(お引きずり、とも呼ばれます)、バラや蝶、スパンコールなど現代風なデザインの「新和装」があります。なかでも「黒引き」と呼ばれる黒の引振袖は、レトロモダンを愛する花嫁に人気です。

和装を選ぶなら、ブーケは着物の柄に合わせて選びましょう。せっかくの艶やかな帯が隠れないような小ぶりのブーケにしたり、場合によっては持たなくてもOK。またブーケやヘッドドレスに着物の柄と同じ花材をあしらうと、全体に統一感が出ます。和装の場合、花材はふんわりしたものより、花びらの輪郭がはっきりした花がよく合います。アマリリスやダリア、ラン系など、存在感のある花がおすすめ。

総合ランキング結果を詳しく見る!

一番上へ戻る