芸能人がウェディングドレスを選ぶ時のポイントは?

芸能人の結婚式で注目されるウェディングドレス。どのようにして芸能人は選んでいるのか調べました。

ホーム > 初心者さんも安心♪ ウェディングドレスの上手な選び方 > 芸能人のウェディングドレス選び

芸能人のウェディングドレス選び

セレブ花嫁に見るトレンドと着こなし術をチェック!

芸能人の結婚式で必ず注目されるのが、ウェディングドレス。多くの有名人から熱いご指名を受けているデザイナーとは?大勢の大御所の前でも恥をかかないドレスって?セレブの本気のドレス選びに注目!また盛り上がりを見せる“芸能人プロデュースドレス”や、海外セレブの間で流行のドレスブランドについてもフォーカスしました。

総合ランキング結果を詳しく見る!

各界著名人から絶大な支持を集める桂由美

芸能人のウェディングドレスといえば、必ずと言っていいほど名前が挙がるのが、桂由美さん。言わずとしれた日本のブライダルファッションデザイナーの第一人者です。今をときめく人気タレントの多くは、桂由美さんのウェディングドレスを選んでいます。

たとえば近年では、お笑い芸人の東貴博さんとタレントの安めぐみさん。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんとアナウンサーの小林麻央さん。俳優の石田純一さんとプロゴルファーの東尾理子さんなど、名前を挙げだすときりがないほど。新郎新婦ともども桂由美さんの礼服をチョイスしている人はたくさんいます。芸能人以外でも、医師や弁護士、外資系エリートなどセレブな方々の結婚でも、「桂由美のドレスなら安心して任せられる」という意見が多数。

一流品を知り尽くしたセレブたちが桂由美さんを指名するのは、知名度や伝統だけではなく、ひとめでわかる「一級品」という信頼。生地の上質さ。1針1針手作業で丹念に織り込まれた刺繍の緻密さ。さらに「ユミライン」と呼ばれる、花嫁のボディラインを最も美しく見せる究極のデザインワーク。日本女性の美しさを引き立てるために計算し尽くされたデザインの高さは、他の追随を許さない魅力を秘めています。

「カツラユミなんて高くて絶対無理」と思われているなら、ちょっと待って。桂由美さんのウェディングドレスは、レンタルも行なっていて、なんと30万円~と意外なほどリーズナブルなんです。
しかもレンタルといえど世界の桂由美ブランドですから、上で紹介したような「一級品の技」はすべて盛り込まれているハイクオリティ。他ブランドでは絶対にお目にかかれないようなレベルのドレスを借りることが出来ます。その上いわゆる使いまわしはしておらず、貸し出すのは1ヶ月に1人の花嫁だけ、1着を着まわすのは4~5人のみ、という徹底ぶりだから、レンタルと言ってもほとんど新品。さらに一人ひとりの花嫁の体型に合わせたサイズ直しやアレンジまでしてくれるのです。
このように、一生の思い出に極上の芸術品を着るチャンスは、芸能人でなくてもあるということ。この機会を逃す手はありません。

芸能人プロデュースドレスが花盛り!

ウェディングドレスを芸能人や若手アイドルがプロデュースするケースも増えています。

そのパイオニアとして人気なのが、モデル・タレントの神田うのさん。そのセンスとカリスマ性を活かして2001年に初めてプロデュースを手がけて以降、「シェーナ・ドウーノ」というライン名で、個性派ドレスを次々発表。細部にわたり彼女のこだわりが光るドレスは、ありきたりなドレスでは物足りない花嫁に好評を博しています。

以来、人気モデル香里奈さんのセンスが光る「サンクラカリナ」、大人かわいいドレスを得意とする上戸彩さんの「U AYA UETO DRESSES」、花のような愛され花嫁になれる小倉優子さんの「ユープリエール」をはじめ、加藤夏希さん、ベッキーさん、酒井彩名さんなど、ファッションリーダーとして女性に人気のモデルやタレントがドレスをプロデュースするケースが一般化しています。

ちなみに芸能人が手がけるブランドは基本的に「プロデュース」であり、タレントはドレスのイメージやコンセプトを考え、デザイン自体は別のデザイナーが手がけています。ブライダルファッションデザイナーがすべてを手がける「ブランド」と異なるのはこの点です。

カッコイイ路線の花嫁に人気のヴェラ・ウォン

海外に目を向けてみると、たとえばスーパーモデルのケイト・モスはイタリア人デザイナー、ジョン・ガリアーノのシンプルなスレンダーラインをチョイス。またイギリス人シンガーソングライターのリリー・アレンは、フランス人デザイナー、デルフィーヌ・マニヴェが手がけた、フラワーモチーフをあしらったレースで肌を覆ったクラシカルなドレスで幸せいっぱいの姿を披露して話題になりました。
レースで肌を覆うデザインと言えば、イギリスロイヤルウェディングでのキャサリン妃のドレス。デザインを担当したのはイギリスを代表するファッション・ブランド、アレキサンダー・マックイーンのクリエーティブ・ディレクター、サラ・バートンさん。イギリスの4つの地域を象徴する花を刺繍したレースで覆われたアイボリーホワイトの長袖ドレスは、デコルテ部分が深めのVネックになっており、クラシカルでありつつも現代的で、知的で清楚なキャサリン妃にぴったり。国民はもちろん、世界中のメディアやファッション関係者から大絶賛されました。

どうやらレースで肩や腕を覆った中世風のクラシカルなデザインは、最近の海外セレブのトレンド。日本でもブームを呼びそうです。

また、注目したい海外のトレンドとしてはNY生まれのドレスブランド「ヴェラウォン」のドレス人気です。シャーリーズ・セロン、キーラ・ナイトレイ、レディ・ガガなど、世界的にその名を知られる海外のビッグスターたちが、レッドカーペットをヴェラウォンのドレスで歩く姿は、今や定番の風景と化しているほど。

日本でも、こうしたシンプルだけどエレガントでスタイリッシュなファッションを好む花嫁が急増中。ヴェラウォンは2012年7月に銀座に初の旗艦店をオープン。海外セレブのようなカッコいい結婚式にしたい人は、ぜひチェックしてみて。

総合ランキング結果を詳しく見る!

一番上へ戻る