体型のお悩みからウェディングドレスを選ぶ

自身の体型にあった上手なウェディングドレス選び方をわかりやすくご紹介。

ホーム > 初心者さんも安心♪ ウェディングドレスの上手な選び方 > 体型別 お悩み解決ドレスはコレ!

体型別 お悩み解決ドレスはコレ!

コツを知れば体型の悩みもスッキリ解消!

ボディラインを強調するウェディングドレスは、どうしても体型に悩まされがち。ブライダルエステで自分至上最高の体型まで引き締めるとしても、努力ではどうにもならない部分もあります。でも大丈夫。自身の体型にあった上手なドレス選びをすれば、コンプレックスを武器に変え、はっと息をのむほど美しい花嫁さんになれます。

総合ランキング結果を詳しく見る!

コンプレックスを目立たせないミラクルドレスはコレ!

花嫁は結婚式の主役。人生最高の瞬間は最高のドレスで迎えたいですね。でも着たいと思ったウェディングドレスを思い通りに着こなすのは意外と難しい。とくに身長とボディラインは着こなしに大きく影響します。下記のドレス選びのコツをマスターすれば、気になる体型コンプレックスも上手に隠して美しく着こなすことは可能!あなたに似合うウェディングドレスのデザイン&シルエットはどれ?

背が高くてほっそりさん

背が高くてほっそりさん

ボディラインが際だつスレンダータイプが◎

あなたはどんなシルエットのデザインも似合う理想的なプロポーション。中でも長身とスレンダーなボディラインを最大限に生かすには、マーメイドラインやスレンダーラインなど、タイトな着こなしの大胆なドレスタイルがおすすめ。女性らしい曲線美を強調でき、ゴージャスな雰囲気を醸し出すシンプルな大人ドレスは、長身・細身の花嫁さんでなければスタイリッシュに着こなせません。くびれを強調して、上品な色気を演出しちゃいましょう。新郎との身長差が気になる場合は、ヘアスタイルやベール位置を下の方において。

背が低くてほっそりさん

背が低くてほっそりさん

妖精のようなエンパイアラインはいかが?

大ぶりなパーツやモチーフがあるドレスではなく、繊細なドレスが似合います。ハイウエストの切り替え部分からストンと落ちるようにストレートなラインが特徴のエンパイアラインはいかが?縦のラインが背を高く見せる効果を発揮するだけでなく、妖精のような雰囲気に。短いスリーブ付のものを選べば、さらに可憐な印象に。ぽっちゃりしていると妊婦さんのように見えてしまいがちなエンパイアも、細身のあなたならギリシャ神話の女神のように美しく着こなせるでしょう。さらにトレーンを引けば高身長に。

背が高くてぽっちゃりさん

背が高くてぽっちゃりさん

ボリュームスカートで上半身を小さく!

全体的にごてごてとしたドレスではなく、スッキリしたデザインがオススメです。とくにVネックは首を長く見せ、デコルテから肩周りをすっきりと華奢な印象にしてくれます。胸や袖、ウエストなどがギュッとタイトになっているとパツパツした印象になりますから注意。胸にはコードレース付きや、腰元はシャーリング入りなどを選んで。Aラインやプリンセスラインは重心が下に集まるので、上半身を小さく華奢に見せ、足を長くバランスよく見せることができます。サテン生地を選ぶならあまり光り過ぎないものがオススメ。

背が低くてぽっちゃりさん

背が低くてぽっちゃりさん

Aラインの縦線効果ですっきり高身長に。

上半身にポイントを置いたAラインのドレスがおすすめ。大きすぎないマトンスリーブや、肩の上にポイントがあるデザインも似合います。Aラインなら上半身をコンパクトに見せてくれるので、すっきりとした印象に。前のスカート幅を広げるのではなく、トレーンを引く形のほうが細く美しく見えます。ウエストが気になる場合は、セパレートタイプを選べばウエストを目くらまししてくれます。縦線効果で身長を高く見せることを意識してください。横線が入ったものや大きな柄が入ったドレスは横幅を強調して逆効果。

こんな悩みもドレス選びでカバーできちゃいます♪

体型コンプレックスは気になりだす止まりませんよね。ただ、必死に隠そうとすると逆にそこが強調されて目立ってしまうことも…。上手なドレス選びや小物使いで気になる体型はしっかりカバーできます。むしろコンプレックスを目立たせずオシャレに変えてしまうドレスはたくさんありますから、安心してくださいね。

いかり肩、なで肩

いかり肩、なで肩

アメリカンスリーブやパフスリーブで肩幅を上手にコントロール

肩を露出することが多いウェディングドレスでは、肩の形を気にしている人からすれば大きな悩みの種。露出するとがっしり感が目立ついかり肩は、アメリカンスリーブやホルターネックタイプがおすすめ。首をすっと長く見せ、肩幅を錯覚させて華奢な印象にしてくれます。襟のあるボレロなどを羽織るのも良いでしょう。
なで肩の場合はパフスリーブのドレスをチョイスしてみてください。ふんわりと肩をボリュームアップでき、バランスがよくなります。肩先にリボンやバラなどの立体的なモチーフがあるデザインのドレスもおすすめ。肩まわりにボリュームが出てなで肩が目立ちません。逆にベアトップは上半身が寂しい印象になってしまいますので、オススメしません。

胸が小さい、胸が大きい

胸が小さい、胸が大きい

上半身のボリュームを小物や刺繍で調整

「ウェディングドレスは胸で着るんです」とは、当サイト編集者Kがドレスショップの店員さんに言われた言葉。そのくらい、バストラインの美しさはドレス姿全体の美しさに大きく関係しています。胸が小さい人は、まずは質の良いブライダルインナーでバストラインをぐっと補正。胸元にギャザーが入ったデザインや、胸元に刺繍やリボンなど立体的なモチーフをほどこすことで、胸まわりに自然なふくらみを持たせるといいでしょう。
胸の大きい人は、どうしてもグラマラスな印象を与えてしまうのが悩みどころ。ビスチェタイプのドレスを選ぶと、上半身がコンパクトになってスッキリした印象を与えます。レースや曲線、カッティングなどを効かせたデザインを選べば、気になる迫力を和らげることができます。

ウエストが細い、ウエストが太い

ウエストが細い、ウエストが太い

ウエストラインは自由自在にアレンジできます!

女性らしいシルエットを強調するウェディングドレスでは、ウエストラインは重要なポイント。美しいウエストラインを出せるドレスを選びましょう。
ウエストが華奢な人は、腰周りにギャザーやシャーリングが入っていたり、ポイントとなるビッグリボンやフラワーモチーフで立体感を持たせるとgood。マーメイドラインなら、腰にバッスルがあるものにすれば、腰位置を高く見せ、ヒップも丸く演出できるためメリハリが出来、バランスが美しくなります。
ウエストが太い人は、スカートにふくらみを持たせるほどウエストの切り替え部分との落差が大きくなりキュッとしまったウエストラインを演出できます。またウエストをVラインにカッティングしたデザインを選んだり、ビジューのベルトなどでウエストマークするのもオススメ。

総合ランキング結果を詳しく見る!

一番上へ戻る