ウェディングドレスを自分流にデザインして上手に着こなす

デザインドレスはウェディングドレスを自分流にアレンジして楽しめるのがポイント。素敵に着こなすおすすめスタイリングをご紹介します。

デザインドレスのスタイリング

1着を上手にアレンジしてシルエットの変化を楽しもう!

近年大人気のベアトップから、ロイヤルウェディングで一躍注目を集めたロングスリーブまで、様々なドレスデザインに注目!また、挙式から披露宴、二次会パーティまで1着で勝負したい花嫁に人気なのが、ドレスアレンジ。ロングとミニのふたつの丈が楽しめる2wayタイプやボレロなどで印象の変化を楽しむ人が増えています。

総合ランキング結果を詳しく見る!

デザインドレス

デザインドレス

思う存分迷いたい!
目移りしちゃう様々なドレスデザイン。

「Aラインもいいけれど、ミニも可愛い!」それなら、挙式や披露宴ではAラインで清楚に。二次会ではスカートを取り外して、ミニドレスに変身!こんなふうに両方を楽しんでしまうのはいかが?
スカートだけでなく、ボレロやアメリカンスリーブを着脱して1着のドレスを味わいつくす花嫁がただいま増加中。1日の中でくるくる印象を変える花嫁に、新郎もゲストも釘付けです!
流行のロングスリーブからベアトップ、根強い人気のオフショルダーなど、どのデザインにするか悩む楽しさは花嫁だけの特権!気になる体の悩みもデザイン次第で劇的にカバーできるから、ちょっと個性的かな?と思うデザインでも、ぜひ1度試着を。あなたがいちばん輝くデザインをゆっくり探してくださいね。

デザインドレスのおすすめスタイリング

パーツを組み合わせるだけでキュートになったりエレガントになったり…いくつものデザインに挑戦してみませんか?丈やシルエットを自在にチェンジして、多彩なコーディネートを楽しめる2wayドレスをはじめ、ベアトップにボレロを組み合わせてシックに変身したり、着脱式のトレーンやリボンなどでアレンジを加えて印象を変えるなど、1着を賢く楽しむスタイルがオシャレな花嫁さんに大人気!

2wayドレス

取り外しOKのスカートでロングドレスとミニドレスが1着で楽しめたり、スリーブやえり、トレーンを取り外したりして、1着で2タイプのスタイルチェンジができます。ドレスのパーツを着脱することで、簡単にスタイルチェンジができるのが魅力。

こんな人におすすめ

色々なシルエットを楽しみたい人、1着を着まわしたい人、短時間でお色直しがしたい時や、控え室のないレストランウェディングを予定している人には、2wayドレスはとっても便利。

こんなスタイルはいかが?

挙式では正統派のロングスカートで厳かに、披露宴や2次会ではミニ丈にチェンジしてポップ&スイートに。大胆に印象を変えたい人に2wayはぴったり。

ボレロ付きドレス

短め丈の前開きジャケット・ボレロは、はおるだけで印象を変えられるという便利さと、デザインの豊富さで大人気。肌の露出をおさえて上品な印象を与えるだけでなく、気になる肩やデコルテをさりげなくカバーできるなど、メリットが多いのも特徴です。

こんな人におすすめ

厳格な教会で肌の露出を控えたい人や、気になる二の腕を隠したい人、肩・デコルテや背中など上半身に気になる部分がある人、簡単にスタイルチェンジしたいという人におすすめ。

こんなスタイルはいかが?

本当はセクシーなマーメイドラインが着たいけれど、年配の親族に受けが悪そう…と悩んだら、ボレロをはおって肌の露出を抑えてみては?

ロングスリーブ

繊細なレースやビーディングで腕を覆ったロングスリーブは、海外セレブの間でも流行中の人気デザイン。クラシカルでエレガントな美しさが漂うスタンダードタイプもいいけど、ひじから裾までがゆったりと広がったパゴダスリーブもノーブルな雰囲気でステキ。

こんな人におすすめ

神聖な教会で肌の露出はできるだけ抑えたいという人や、中世のお姫様みたいなクラシカルなドレスが好き!という人にピッタリ。グレースケリー妃やキャサリン妃など、ロイヤルウェディングに憧れる人はぜひ。

こんなスタイルはいかが?

フェミニンでクラシカルな印象のロングスリーブは教会式にピッタリ。小花や植物をあしらった繊細な総レースを選べば、清楚なイメージを演出できます。さらにすそにボリュームがあるパゴダスリーブなら、華やかさもプラス。

オフショルダー

鎖骨が全開になるほど大きく開いたネックライン。肩先まで見せるので鎖骨がきれいに見え、華奢な印象を与えます。ボリュームをもたせたいなら、肩から上腕を包むケープカラーがおすすめ。鎖骨をきれいに見せながらも、胸元にむけて上半身を立体的に見せてくれます。

こんな人におすすめ

デコルテを華奢に見せてくれるオフショルダーは、がっしりした肩が気になる人や、面長が気になる人におすすめ。デコルテはきれいに見せたいけど、胸の大きさが気になるという方はケープカラーをチョイス。

こんなスタイルはいかが?

鎖骨を強調するオフショルダーは、女性らしさが最大限に発揮されるデザイン。さらりとシンプルに着こなしたいところです。ケープカラーは胸元にフラワーモチーフなどのワンポイントをあしらうと、ロマンティックに。

ベアトップ

胸から上を開いた肩出しスタイルのベアトップは、ビスチェよりフィット感があり、スタイリッシュなセクシーさが人気!少し露出をおさえたい時には、首の付け根から袖下まで斜めにカットしたアメリカンスリーブ付きのドレスを選んで、必要に応じて取り外しするのがおすすめ。

こんな人におすすめ

レストランなどでのカジュアルウェディングを考えている人には、シンプルながら女性らしい色気を演出できるベアトップがピッタリ。2次会にもおすすめです。スタイリッシュな大人婚にもふさわしいデザインといえそう。

こんなスタイルはいかが?

教会ではアメリカンスリーブを取り付けて肌の露出を抑え、披露宴ではベアトップでスタイリッシュに、と、シーンに応じてアレンジを変えて。シンプルなベアトップなら、アクセサリーに個性を持たせるのもステキ。

パフスリーブ

肩からひじ上にかけて二の腕の部分が大きくふくらんだパフスリーブ。ふんわりと丸い袖はクラシカルな中に愛らしさがあふれる、ロマンティックなデザインです。ボリュームがありすぎて…という人には、身頃から裁ち出されたさっぱりしたデザインのフレンチスリーブがおすすめ。

こんな人におすすめ

童話に出てくるお姫様のようになりたい!という乙女系ウェディングなら、少女のような無垢な愛らしさが印象的なパフスリーブはピッタリ。なで肩も隠せるデザインなので、悩んでいる人にもおすすめです。

こんなスタイルはいかが?

肌の露出が少なく、かわいらしい印象のパフスリーブは年配の親族受けもバッチリ。スワロフスキーなどでキラキラさせると顔周りがとても綺麗に。小林麻央さんのように、ティアラと合わせて憧れのプリンセスになりきって。

デザインドレスをステキに着こなす!

どんな女性にも体型コンプレックスは必ずあるもの。それだけに「結婚は嬉しいけれど、肌を露出したりボディラインが出るウェディングドレスは、着るのが怖い…」と心配する人は多いと思います。でも、国内外のデザイナーが“女性が人生でいちばん輝く日のために”とあらゆる角度から美を追求した究極の衣装、それがウェディングドレス。好みはもちろん、自身の体型や顔立ち、式場とのマッチングなどを加味しながらじっくり吟味すれば、必ず自分自身さえ知らなかった美しさを引き出してくれる最高のドレスに出会うことできます。

デザイン性の高いドレスは、コンプレックスを効果的に隠しながら、なりたい自分を表現できる心強いアイテムと言えるでしょう。たとえば、見られたくない火傷や傷跡、アトピーの悩みなど、肌を露出したくない理由があっても、ボレロやオフショルダーなどを上手に選べば、オシャレで美しい花嫁になれます。
ロングスリーブやアメリカンスリーブ、パゴダスリーブを選んで、気になる部分を隠しながら個性的でエレガントな花嫁になることもできます。また、二の腕の太さを隠すならオフショルダーは強い味方だし、なで肩が気になるならパフスリーブでボリュームアップ。こんな風にデザインドレスを上手に選んで、ゲストの心に残るステキな花嫁姿を披露しましょう。

ドレス選びで成功するためには、式場に合わせたドレスを選ぶことが重要ですが、発想を逆にして、あなたが本当に着たいと思う運命のドレスを選んでから、ドレスに合う会場を選んでみるというのもおすすめです。たとえばグレース・ケリー公妃のようにロングベールに長袖のAラインドレスを着こなしたい!と思えば、厳かな雰囲気の教会をチョイス。鎖骨の美しさが際だつオフショルダーやベアトップを選びたいなら、アットホームなカジュアルウェディングでゲストを間近で迎えたり。2wayのドレスでみんなをビックリさせたいと思うなら、挙式と披露宴で全く雰囲気の違う会場をセレクトするなど。

花嫁にとっていちばん重要なドレスのスタイリングから決めることで、ふさわしい会場のサイズや雰囲気、結婚式自体のテーマも決めていくことができます。

総合ランキング結果を詳しく見る!

一番上へ戻る